第16回毎日パソコン入力コンクール

毎日パソコン入力コンクールに多くご質問いただく内容をQ&A形式でまとめました。 
下記内容をご覧いただき、ご不明な点などございましたら、お問合わせフォームよりお問合わせください。
■認定会場申請について (質問)
Q : 会場申請の条件を教えてください。
  Q : 会場申請の方法を教えてください。
  Q : 会場のみを提供したいのですが、可能ですか?
  Q : 大会実施日は一日だけなのですか?
  Q : 会場申請の締め切りはいつまでですか?
  Q : 大会を行うすべてのパソコンがインターネットに接続されていないと参加できませんか?
  Q : 大会で使用するパソコンのOSに制限はありますか?
  Q : 過去の大会に参加したことがありますが、改めて会場申請をするのですか?
     
■参加申し込みについて (質問)
Q : 部門ごとに年齢制限などはないのですか?
  Q : インターネット、Eメールを使用して文書のやり取りができないと参加できないのですか?
  Q : 一人で何部門まで参加できますか?
  Q : 参加費はいくらですか?
  Q : 認定証の発行は有料ですか?
  Q : 参加費の支払方法を教えてください。
  Q : 参加票はいつ発行されるのですか?
  Q :

課題はいつ発表するのですか?

  Q : 課題をなぜ事前に公表するのですか?
  Q : 級の認定基準を教えてください。
  Q : 練習用のテキスト、ソフトなどあるのですか?
  Q : 要項やホームページの中に記載がある「全国大会」とは何ですか?
  Q : 特別点について教えてください。
  Q : 6月大会、秋季大会、冬季大会のすべてに参加することはできますか?
  Q : 団体参加で参加人数が多い場合、エクセル等のファイルで参加者登録することはできますか?
  Q : 参加費の領収書を発行してほしいのですが。
     
■大会のルールについて (質問)
Q : 全国大会にパソコン・キーボード・マウスの持込みをしたいのですが、可能でしょうか
  Q : 学習機能や単語登録を使ってもいいのですか?
  Q : 日本語入力ソフトの指定はあるのですか?
  Q : ミスカウントが規定数を超えた場合、級位認定はどうなりますか?
  Q : 大会本番の競技は1回しか参加できないのでしょうか?
     
■大会の運営について (質問)
  Q : I類の結果送信がうまくいかなかったときは、もう一度競技を行えばいいのでしょうか?
  Q : I類のソフトが画面に入りきらず、ボタンをクリックすることができません。
  Q : I類のソフトが、「このソフトは使用期限が過ぎています」と出て動作しません。
  Q : II類の英単語・漢字で、ログインはできるのですが、問題が表示されません。
  Q : II類の計算にはログインできるのですが、フラッシュ暗算で「動作期限外です」とメッセージが表示されます。
  Q : 成績発表はどのような形で行うのですか?
     
■団体責任者用ページについて (質問)
Q : 団体責任者用ページにアクセスするためのパスワードを紛失してしまったので教えて欲しいのですが。
  Q : パソコンスクールなど学校以外の団体で児童、生徒、学生が参加する場合、学校名には、パソコンスクールの名称と参加者が通っている学校名のどちらを入力すればよいのですか?
  Q : 参加者の申込みを済ませた後で追加の申し込みをしたい場合はどのようにすればよいのでしょうか?
  Q : 欠席者、参加辞退者がいた場合、なにか手続きなどは必要ですか?
  Q : 団体責任者やメールアドレスなどの変更があった場合、手続きは必要でしょうか?
■技術情報 ソフトについて (質問)
Q : 複数のパソコンの練習結果を一カ所にまとめて見ることはできますか?
  Q : 1台のパソコンに設定した情報を、他のパソコンにも適用できますか?
     


■認定会場申請について (回答)
  Q : 会場申請の条件を教えてください。
  A : 参加者数3名以上で、なおかつ延べ5課題以上の参加があり、インターネットに接続されているパソコンが1台以上あり、団体申込み規定を満たすことができる会場 (複数教室があり、いずれかの教室でインターネットに接続されている場合はインターネット接続されていない教室での参加も可能です)

会場申請の詳細につきましては、実施要項(先生用)をご覧ください。
 
先頭へ戻る
  Q : 会場申請の方法を教えてください。
  A : 会場申請の方法は毎日パソコン入力コンクールの認定会場申請専用フォームからのみとなっております。認定会場申請をご希望の場合はこちらよりお申込みください。
 
先頭へ戻る
  Q : 会場のみを提供したいのですが、可能ですか?
  A : 会場のみの提供は受付けておりません。
 
先頭へ戻る
  Q : 大会実施日は一日だけなのですか?
  A :

大会期間中の都合のいい日に参加してください。大会開催日が複数日あっても結構です。

 
先頭へ戻る
  Q : 会場申請の締め切りはいつまでですか?
  A :

会場申請は随時受付しております。参加申込みにつきましては、大会最終日まで受付いたします。

 
先頭へ戻る
  Q : 大会を行うすべてのパソコンがインターネットに接続されていないと参加できませんか?
  A : 第I類では、すべてのパソコンがインターネットに接続されていなくても参加は可能です。インターネット接続がされていない場合は、各パソコンから大会結果データを集めて、一つにまとめたものをインターネットに接続できるパソコンからお送りください。
 
先頭へ戻る
  Q : 大会で使用するパソコンのOSに制限はありますか?
  A : WindowsVista、7、8.1、10対応のパソコンであることです (第Ⅱ類英単語・漢字のみMacintoshに対応しております)。
 
先頭へ戻る
  Q : 過去の大会に参加したことがありますが、改めて会場申請をするのですか?
  A : 一度会場申請していただいていれば、再度申請していただく必要はございません。お持ちの毎パソIDとパスワードで管理者画面へログインし、参加申し込みの手続きをしてください。
   
先頭へ戻る
■参加申し込みについて (回答)
  Q : 部門ごとに年齢制限などはないのですか?
  A : 部門にかかわらずどなたでもご参加いただけます。
 
先頭へ戻る
  Q : インターネット、Eメールを使用して文書のやり取りができないと参加できないのですか?
  A : 参加申込み、参加票や結果データの送信などすべてインターネット、Eメールを使用して行いますので、条件を満たすことができなければご参加いただけません。
 
先頭へ戻る
  Q : 1人で何部門まで参加できますか?
  A : 参加部門の制限はありませんので、全部門参加も可能です。
 
先頭へ戻る
  Q : 参加費はいくらですか?
  A :

学校団体の場合:1名1課題につき
   第1、2、7部……620円(税込み)
   上記以外の部……930円(税込み)

学校大口参加の場合:1名1課題につき100円(税込み)

一般団体の場合:1名1課題につき
   第1、2、7部……820円(税込み)
   上記以外の部……1,230円(税込み)

個人参加の場合:1名1課題につき
   第1、2、7部……2,060円(税込み)
   上記以外の部……2,570円(税込み)

詳細につきましては、こちらよりご確認ください。

 
先頭へ戻る
  Q : 認定証の発行は有料ですか?
  A :

認定証の発行は参加費に含まれておりますので、無料です。ただし、学校大口参加の場合には有料で希望者のみとします。
学校大口参加の希望者への発行料および、認定証の再発行料は、1通1,080円(送料・税込み)となります。

 
先頭へ戻る
  Q : 参加費の支払方法を教えてください。
  A : 参加費の支払方法につきましては、指定口座(郵便局)への振込み、クレジットカード、コンビニエンスストアのいずれかになります。
 
先頭へ戻る
  Q : 参加票はいつ発行されるのですか?
  A : 参加費のお支払いの確認ができ次第、メールでご連絡いたします。支払方法により、下記の日数がかかりますので、大会実施に間に合うように手続きをしてください。

 ●クレジットカード    即日
 ●コンビニエンスストア  お支払い10~15分後
 ●郵便振替        お支払い日4~5日後
 
先頭へ戻る
  Q : 課題はいつ発表するのですか?
  A : 冬季大会の課題文章は11月11日(金)正午に 発表いたしました。課題文章、課題練習用ソフトにつきましては、こちらよりダウンロードしてください(無料)。
 
先頭へ戻る
  Q : 課題をなぜ事前に公表するのですか?
  A : 参加する方に明確な努力目標を提示する、英文では多く練習することにより単語の綴りが覚えられる、和文では漢字、熟語、読みなどを覚えられるなどの理由から、課題を事前公表としております。
 
先頭へ戻る
  Q : 級の認定基準を教えてください。
  A : 本コンクールでは、入力結果に対して、正確さと速さを審査いたします。認定基準は、部門によって異なりますので、こちらよりご確認ください。
 
先頭へ戻る
  Q : 練習用のテキスト、ソフトなどあるのですか?
  A : コンクール練習用のテキストはありませんが、課題練習用ソフトと課題文章を無料配信いたします。このソフトは、正解数、誤字数、脱字数、余字数などを自動で採点するものですので、練習のときに現在どれくらいの級に相当する実力なのかを計る目安になります。
 
先頭へ戻る
  Q : 要項やホームページの中に記載がある「全国大会」とは何ですか?
  A :

6月大会、秋季大会の全国ランキング上位者(ホームポジション基礎を除く)が一堂に会し、日本一を決める大会です。内閣総理大臣賞などの大臣賞が授与されます。全国大会は、児童・生徒の奨励と育成を目的としているため、部門ごとに「全国大会出場対象」が決められています。英文B、数字・記号高校・一般の部門では、「全国大会出場対象」が「高校生」となっているため、ランキング上位者であっても、高校生以外の方は全国大会への出場権が得られません。
なお、冬季大会は参加者の技能の維持と向上を目的として開催するため、全国大会への出場権は与えられません。

 
先頭へ戻る
  Q : 特別点について教えてください。
  A : 特別点は、入力の正確さを奨励する制度です。基準はミスカウント(誤字+脱字+余字+未変換)が3文字以下の場合、文字数により特別点を加算する制度です。詳しくはこちらよりご確認ください。
 
先頭へ戻る
  Q : 6月大会、秋季大会、冬季大会のすべてに参加することはできますか?
  A :

6月大会、秋季大会、冬季大会のすべてにご参加いただけます。

先頭へ戻る
  Q : 団体参加で参加人数が多い場合、エクセル等のファイルで参加者登録することはできますか?
  A : 毎パソ申し込み用エクセル名簿で登録ができます。団体責任者用ページの「1.参加者新規登録・参加者一覧」のページからダウンロードできます。他の名簿データの貼り付けがうまくいかない場合には、コンクール事務局で代行登録させていただきますので、ご相談ください。
先頭へ戻る
  Q : 参加費の領収書を発行してほしいのですが。
  A : 参加費の領収書は、団体責任者用ページの「ダウンロード」からダウンロードできるようになっています。プリントアウトしてご利用ください。
   
先頭へ戻る
■大会のルールについて (回答)
  Q : 全国大会にパソコン・キーボード・マウスの持込みをしたいのですが、可能でしょうか?
  A : パソコン、キーボード、マウスともに持込みは認めません。
第16回大会では、毎パソ認定キーボードの東プレ、PFU製品で競技を行います。
 
先頭へ戻る
  Q : 学習機能や単語登録を使ってもいいのですか?
  A :

学習機能、単語登録の使用は禁止しています。なお、予測変換機能の使用も禁止しています。また、課題文章のコピーペーストなど、本コンクールの趣旨にそぐわない行為をした場合、失格になりますので、ご注意ください。その他の詳細設定については、こちらよりご覧ください。

 
先頭へ戻る
  Q : 日本語入力ソフトの指定はあるのですか?
  A : 日本語入力ソフトの指定はありませんが、IME、ATOKなどどのソフトでも構いません。ただし、学習機能、単語登録の使用禁止など、大会のルールは守ってください。
 
先頭へ戻る
  Q : ミスカウントが規定数を超えた場合、級位認定はどうなりますか?
  A : 入力文字数により10級-BからEのいずれかの認定となります。
 
先頭へ戻る
  Q : 大会本番の競技は1回しか参加できないのでしょうか?
  A : 第Ⅰ類は、大会本番の競技への参加は、1課題につき1人1回だけとなります。
第Ⅱ類は、何度でも競技にご参加できます。
   
先頭へ戻る
■大会の運営について (回答)
  Q : I類の結果送信がうまくいかなかったときは、もう一度競技を行えばいいのでしょうか?
  A : 多くの場合、結果は保存されているので、再度競技を行う必要はありません。第Ⅰ類課題大会参加用ソフトマニュアル20ページに記載されている方法で、管理画面から結果データの再送信を行ってください。
管理画面からの再送信がうまくいかない場合は、ソフトがあるフォルダの「\第○回○○大会 \kekka \Mada」にある、参加番号がファイル名となっているMPCXファイルをメール添付で事務局までお送りください。
 
先頭へ戻る
  Q : I類のソフトが画面に入りきらず、ボタンをクリックすることができません。
  A : 毎パソ課題練習・大会参加用ソフトが、PCのディスプレイにおさまらないときは、デスクトップの個人設定で、文字の大きさを標準(100%)に設定してください。
 
先頭へ戻る
  Q : I類のソフトが、「課題文章の著作権により、このソフトは使用期限が過ぎています」と出て動作しません。
  A : 課題文章の著作権により、I類ソフトの使用期限は、配信した次年度の4月末日となっております。使用可能期間内にも関わらず、上記メッセージが出る場合は、PCの日付設定が正しくない可能性があります。お確かめください。
 
先頭へ戻る
  Q : II類の英単語・漢字で、ログインはできるのですが、問題が表示されません。
  A : サウンド設定を変更することで改善されることがあります。変更の方法は、こちら(参考例:Windows7)をご覧ください。
 
先頭へ戻る
  Q : II類の計算にはログインできるのですが、フラッシュ暗算で「動作期限外です」とメッセージが表示されます。
  A : フラッシュ暗算のソフトは、年度ごとに使用期限を設けています。本年度版(第16回大会用)は、Ver 1.19 です。それ以前のものをお使いの場合は、最新版をダウンロードしてください。
ソフトが最新版であるにも関わらず、上記メッセージがでる場合は、PCの日付設定が正しくない可能性があります。お確かめください。
 
先頭へ戻る
  Q : 成績発表はどのような形で行うのですか?
  A : 結果はホームページでの全国ランキングの発表と、団体参加の場合は各団体責任者に、個人参加の場合は参加者本人にメールで通知いたします。
 
先頭へ戻る
■団体責任者用ページについて (回答)
  Q : 団体責任者用ページにアクセスするためのパスワードを紛失してしまったので教えて欲しいのですが。
  A : 団体責任者用ページパスワード再発行申請フォームよりお申込ください。個人情報を取り扱うため、パスワードは電子メールではご案内できません。電話またはFAXでご案内させていただきます。
 
先頭へ戻る
  Q : パソコンスクールなど学校以外の団体で児童、生徒、学生が参加する場合、参加者登録画面の学校名には、パソコンスクールの名称と参加者が通っている学校名のどちらを入力すればよいのですか?
  A : 参加者が一般の方以外の場合は、通っている学校名を登録してください。上位の成績を収められた場合、結果発表のランキングでは学校名のみをご紹介します。
 
先頭へ戻る
  Q : 参加者の申込みを済ませた後で追加の申込みをしたい場合はどのようにすればよいのでしょうか?
  A : 参加費お支払いのところにある「参加申込を確定前に戻す」ボタンをクリックし、確定前の状態に戻してください。その後、参加者一覧画面から追加分の登録をすると、追加前のものと合わせて申し込むことができます。
 
先頭へ戻る
  Q : 欠席者、参加辞退者がいた場合、なにか手続きなどは必要ですか?
  A : 大会終了後、結果データを送信すると、団体責任者用ページから結果到着確認ができます。欠席者がいる場合はリストにチェックを入れて欠席処理を行ってください。
 
先頭へ戻る
  Q : 団体責任者やメールアドレスなどの変更があった場合、手続きは必要でしょうか?
  A : 団体登録情報の修正画面から変更することができます。修正情報を入力し、「修正」ボタンをクリックしてください。
   
先頭へ戻る
■技術情報 ソフトについて (回答)
  Q : 複数のパソコンの練習結果を一カ所にまとめて見ることはできますか?
  A :

「記録を保存するフォルダの指定」をサーバーの同じ場所にすることで、複数のパソコンの練習結果を一カ所にまとめて見ることが可能です。

【方法】
  第Ⅰ類課題練習用ソフトマニュアル〈一般参加用〉の「2.ユーザーの登録・変更」の
「記録を保存するフォルダの指定」を参照のこと
  ※ 設定が必要なパソコンが多数ある場合、下記の「1台のパソコンに設定した情報を
   「他のパソコンにも適用」で設定すると効率的です。

   
先頭へ戻る
  Q : 1台のパソコンに設定した情報を、他のパソコンにも適用できますか?
  A :

毎パソ大会用ソフトで設定した各情報を、他のパソコンにも簡単に適用させることができます。

【適用可能な情報】
  1.管理画面の「別保存されているデータを表示」をクリックした際に参照される、結果データのフォルダ
  2.管理画面の「共有フォルダの設定」にて設定された、結果データの共有フォルダ
  3.送信に失敗したデータの保存先
  4.課題練習において、練習記録の保存場所を任意に設定した場合のフォルダ
  5.課題練習画面での、正解数・不正解数のカウント表示の可否
  6.課題練習画面での、「おわる」ボタンの表示の可否

【手順】
  1.1台のパソコンで毎パソ大会用ソフトを起動し、必要項目について設定を行う
    (設定方法は以下のマニュアルをご参照ください)
    管理画面に関する項目:第Ⅰ類課題大会参加用ソフトマニュアル
    課題練習に関する項目:第Ⅰ類課題練習用ソフトマニュアル〈認定会場責任者用〉

  2.設定したパソコンの、ソフト(MaipasoCon_1.exe)がある場所と同じフォルダにある
    構成設定ファイル「Maipaso.ini」を、適用させたいパソコンの同じものにコピー、上書きする

また、毎パソ大会用ソフトからの設定は行わず、メモ帳などを使って上記「Maipaso.ini」に
直接情報を書き込むことも可能です。ただし、その場合はファイルに記載されている注意事項を
必ず守って設定してください。内容が不正の場合、毎パソソフトが起動しなくなることもあります。
ご注意下さい。

 
先頭へ戻る
元のページへ戻る