第22回全国大会

6月大会、秋季大会の成績上位者を対象として、全国大会を行います。
第Ⅰ類、第Ⅱ類では、6月大会、秋季大会の上位3名ずつに出場権を与えます。秋季大会の上位3名に、6月大会で同じ部門の出場権を得た参加者がいる場合は、その参加者を除いて3名に与えます。第Ⅲ類は、6月大会と秋季大会の結果を合わせて、上位者6名に出場権を与えます。

成績優秀者には、内閣総理大臣賞、総務大臣賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞などの特別賞のほか、セイコーエプソン賞、PFU賞、東プレ賞、ジャストシステム賞、オデッセイ コミュニケーションズ賞などとともに、副賞として賞品が授与される予定です。

感染症拡大防止の観点から、全国大会の運営方法を変更する可能性があります。その際は、HPおよび事務連絡メールでお知らせいたします。
また、出場権獲得者が所属する団体、獲得された個人参加者には、別途ご案内をいたします。

 

 

ご参加にあたって

必要な環境 ハード・ソフト

競技用PC 毎パソアプリが正しく動作する(体験版で採点画面までできることを確認してください)
●ブラウザはEdge、Chrome、Safariのいずれかの最新バージョン
●ダウンロード版zoom(バージョン3.5.31149.1102以降)がインストールされている
●zoomのプロフィールは、「参加者のフルネームPC」と設定
キーボード ●公式キーボード以外でも可
ネット環境 ●上り下りとも10Mbps以上が必要。ともに25Mbps以上を推奨
回線速度はこちらで測定できます
このページでは、最初に表示される大きな数字が下りのスピードです。
詳細ボタンをクリックすると、上り(アップロード)のスピードが表示されます。
ネット環境を安定させるために、有線での接続をおすすめします。
zoomアプリ入りスマートフォン・タブレットなど
カメラ付きのもの
●zoomのプロフィールは、「参加者のフルネームPhone」と設定
有線接続のヘッドフォン、ヘッドセット、イヤホン ●第Ⅱ類の参加者は必須です。
●また、同じ場所で同じ部門に複数の参加者がいる場合も必須です。

公平を期すため、以下にご協力ください。
 ・団体責任者または保護者に立ち会っていただきます。
  また、事前に書類を提出していただきます。
  書類は、お申込み手続きのページからダウンロードできる、「全国大会開催の手引き」内に用意いたします。
 ・スマホ・タブレットなどを使用し、zoomを使って競技時の様子を中継していただきます。

上記環境が整わない場合、書類が期限までに事務局に届かなかった場合は、参加できません。

日程・会場

  日 程  競 技  2022年12月11日(日)(オンライン)
       表彰式  2022年12月18日(日)(オンライン)

  会 場  オンライン開催のため、毎パソ認定会場または自宅

時程詳細

説明開始時刻までに、参加者・責任者ともにzoomにサインインしてください(第Ⅲ類プログラミングに関しては、14日にご案内いたします)。

回  次 部      門 説明開始時刻 競技開始時刻
第1回 第II類 漢字 中・高校生 10:00 10:20
第2回 ローマ字 10:25 10:45
第3回 第II類 英単語 高校生 10:50 11:10
第4回 第II類 漢字 小学生 11:15 11:35
第5回 第Ⅱ類 英単語 小・中学生 11:40 12:00
第6回 第Ⅲ類 プログラミング 12:05 12:25
第7回 和文B 高校生 13:30 13:50
第8回 和文A 小学生低・中学年 13:55 14:15
第9回 英文A 14:20 14:40
第10回 和文A 小学生高学年 14:45 15:05
第11回 数字・記号 小・中学生 15:10 15:30
第12回 和文A 中学生 15:35 15:55
第13回 英文B 16:00 16:20
第14回 数字・記号 高校生 16:25 16:45

競技方法など

・zoomを画面共有の状態で、毎パソアプリを使用し競技を進行します。毎パソアプリの動作環境はこちらです。
・第Ⅰ類、第Ⅱ類とも、課題は全員共通となります。

第Ⅰ類
 冬季大会と同じ課題です。
 第5部和文A小学生低・中学年の前半分「そなえあればうれいなし~石の上にも三年」も含みます。

第Ⅱ類 英単語・漢字
 6月大会、秋季大会で使用したIDとPWで、練習ができます。

第Ⅲ類 プログラミング
 プログラミング部門の参加の手引きをご覧ください。
 28日(月)16時から9日(金)17時までが、事前競技の期間です。

表彰式

18日(日)13:30からzoomのウェビナーで開催します。URLはメールでお知らせしました。申し込み手続きのページでもURLをご案内しています。

全国大会結果

12月11日(日)、第22回毎日パソコン入力コンクール全国大会をオンラインにて開催し、18日(日)に表彰式・結果発表をオンラインで行いました。

6月大会(21,172名)、秋季大会(29,993名)を勝ち抜いた参加者が、英文、和文、数字・記号、プログラミングなど14の部門で、キーボード入力の正確さと速さ、タイピングを使った基礎学力を競いました。

成績優秀な学校に授与される優秀学校賞の1位受賞校には、副賞としてセイコーエプソン賞(プロジェクタ)が授与されました。小学校、中学校、高等学校賞1位受賞校の中で、総得点が一番高かった川崎市立川崎高等学校附属中学校には、最優秀学校賞として優勝旗が授与されました。また、2年連続学校賞1位該当校のリリーベール小学校と神戸学院大学附属高等学校には、特別優秀学校賞が授与されました。

和文入力の日本一に授与される内閣総理大臣賞は、加来燎玄さん(第6部和文B高校生、大分県立中津南高等学校1年)、小池香澄さん(第5部和文A中学生、奈良市立ならやま中学校1年)が受賞しました。

内閣総理大臣賞のほか、総務大臣賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞が授与され、メーカー賞として、PFU賞、東プレ賞、ジャストシステム賞、オデッセイ コミュニケーションズ賞が授与されました。

学校賞表彰

全国大会で授与されたメーカー賞賞品一覧

部門別ランキング